データ活用

「この案件が終わるまで、あとどのくらい時間がかかる見込みなのか。」

「誰がどのくらいタスクを抱えているのか。」

「今月のクレーム報告は何件あったのか。」

…などなど、気になるデータをすぐに確認できます。データを CSV としてダウンロードすれば、Excel などのツールを使って整形したりグラフ化したり、さまざまな加工が可能になります。

利用状況集計

誰が、どのページを、どんなタグを、どのくらい利用しているのかがわかります。

日報、問題、クレーム等の集計にも使えます。

また、集計データは、CSV形式でエクスポートしてExcelなどで利用できます。

利用状況集計レポート機能 (CSVエクスポートも可能)

タスク/案件集計

各タスクの完了までの見込み時間や開始からの所要時間を元に、案件が完了するまでの見込み時間や工数等を確認できます。

案件をフェーズ(マイルストーン)で区切り、フェーズごとの集計も可能です。

ユーザーごとの集計も表示されるので、誰がどのくらいのタスクを抱えているのかもすぐにわかります。

タスクの経過時間や見込み時間を集計表示します

アクセス履歴

開封確認として利用できる「足あと」機能です。

伝達事項が相手に伝わっているかどうかや、自分の仕事を誰が気にしていてくれるのか等を確認できます。

マウスカーソルを乗せると、最終アクセス日時が表示されます。

足跡機能で閲覧履歴を確認

アクセス集計

トップページには、今日、一週間、全期間の、アクセス数の多い記事がリストアップされます。

ホットな記事は自然とアクセス数が多くなるので、社内でどんな仕事が動いているか等の動向をつかむことができます。

アクセス集計機能

エクスポート

記事、コメント、タスク、案件、予定など、すべての投稿データを、CSV、PDF、WordML形式でエクスポートできます。

PDFおよびWordML形式でエクスポートする場合は、目次ページを自動作成することも可能です。

取引先のデータをエクスポートしてExcelで開いた例